インフルエンザワクチンについて

メディアからインフルエンザワクチンの数が足りないという報道をみられた方が多いかと思います。

実際入荷する数が一度に多くは確保できないのですが、予約をいただければ今のところは心配ないと思われます。早めのご予約をお勧めいたします。直接窓口、お電話、HPの専用予約フォームなどからご予約いただけます。

時期が遅くなりますと、ワクチンの入荷が難しくなりご予約のお断りをせざるおえない状況にもなりますこと、ご了承ください。

傷はきれいなほうがいい

 あんなに汗を流して医院の2階を掃除していたのが嘘のように、九月になって涼しくなってまいりました。今後の医院の継承につき、八月後半、悪戦苦闘しておりましたが、やっと目処が立ってまいりました。

 というわけで、しばらくブログ記載サボっていました、こんにちは、東望大久保医院の大久保 仁です。

 本日、以前、国立病院機構佐賀病院で手術をさせていただいた患者さんが、嬉野からわざわざ受診されました。患者さんにお聞きしますと、「嬉野から佐賀に行く時間も、嬉野から当院に今回いらっしゃった時間はそうは変わらなかったですよ」、とのことでしたが。お元気なお顔見れて、嬉しく思いました。

 創は術後半年くらいはやや肥厚した赤みがかっていたので、形成外科の先生とも相談していたくらいだったんですが、4年経過して、少し白いですが平坦にきれいになっていました。良かったです。

 実家に帰ってきて、他にもこれまで手術を担当させていただいた患者さんがお元気だったりした時が一番、外科医冥利につきると思っていました。

 手術創に関しても、手術の時、患者さんの数年先を考え、最後の縫合までお一人お一人、意外とこだわってやっている方だと思っていたので、それは間違っていないと再確信しました。手術の際、どうしても手術の終わりに近づくと、周りでは片付けモードになって行くことも少なくないんですが、私は、「まだ手術は終わりじゃないんだよ」と少し頑固おやじ的にこれまでやってきました。それは結果、いいことなんだと再確認できました。

 創に関して、糸のかけ方、締める力具合、部位や厚さ、持っている疾患別、患者さんそれぞれで違います。手術直後は良くても、時間が経って創は醜くなることもあります。もちろん、気をつけていても肥厚性瘢痕になることもあります。しかし、外科医たるもの、数年先の創にこだわる必要はあると思います。誰でも受けたくて受ける手術はありません。残念ながら、昔あった特番の中国の偽医者のように、手をお腹などに入れて悪いところをとって、傷はない、なんてのはできるわけもなく、我々はあくまでも創を作ることで悪いところを切除せざるをえません。

 外科医を今後オープンシステムを利用して続けていったとしても、手術ができなくなったとしても、そういうこだわりは手術手技だけでなく、医療のいたるところにあります。その「こだわり」を今後も愚直にこだわっていきたいと思う今日この頃です。

電子カルテとマンモグラフィー

 こんにちは、東望大久保医院の大久保 仁です。

 昨日、診療が終わってからマンモグラフィー、電子カルテなどの件である企業さんの営業所に行ってまいりました。帰りは雷、雨のひどいこと。

 乳がん検診でのエビデンス(臨床試験などに基づいた診療や治療の妥当性、証拠)では〜40歳以上の人にマンモグラフィを用いた対策型検診を行うことで乳がんの死亡率が低下(検診率は50%を超える)する〜というものです。

 視触診を行うこと、を乳がん検診に入れても乳がんの死亡率を下げることにはなりません(でも、長崎市でも諫早市でもまだ視触診は乳がん検診に入っています。福岡市の検診では今年から視触診は乳がん検診から省かれました)。超音波検査は日本で行われた十分に精度管理をなされた超音波検査診断であれば、40歳台の人対象という年齢限定で、マンモグラフィーよりもより早期での乳がんを見つけることができることが、J-STARTという臨床試験で証明できました。しかし、それが乳がんの死亡率を下げることができるか、についてはこれからも経過を見て見なければはっきり言えません。

 一方で、若年者(30歳〜40歳台など)に多い高濃度乳腺の人は、マンモグラフィでは雪原で白うさぎを探すようなものですから感度が明らかに落ちます。

 さらに日本人を含めた東アジアの人々は高濃度乳腺の割合が多いです。高濃度乳腺自体が乳がんのリスクとも言われています。

 欧米では乳がん検診を行なった際に高濃度乳腺だということがわかった際にはちゃんとその人に高濃度乳腺であり、乳がんのリスクファクターであることをきちんと告げることと最近なりました。しかし、本邦ではまだ、乳がん検診を受ける割合も先進国の中では低いですし、さらに、マスコミの対応もエビデンスに基づいた正しい報道をしているとは言い難く、高濃度乳腺であることを告げた方が良いかどうかについては現在、時期尚早となっています。

 昨日は、マンモグラフィーとその画像ファイリングシステム、電子カルテの連動についての説明を聞いてまいりました。

 高い画像診断技術にこだわりたい、長崎での乳がん検診の受診率アップに貢献したいと思っています。