「発酵」その①

こんにちは、東望大久保医院のHPにようこそ!

以前ちょこっと話題にしました「発酵」について本日はちょっとしゃべらせていただこうかなと。
私が「発酵」に興味を持ったきっかけはパン作りだと思います。
家庭用のホームベーカリーで自己流で作っていたパンに『発酵の具合ってこんなものなのかな?』と疑問を持ち、ネットで調べて個人宅でパン教室をされている先生を探しました。
そこで私の人生を変えるほどの先生と偶然にも出会うことができ、すっかりパン作りに目覚め、はまりました。もう13年ほど前のことです。
ドライイーストは砂糖や塩に手伝ってもらいながら確実に小麦粉を発酵させパン生地にしてくれる安定した便利なものです。
教室に通いだし、ドライイーストで作るパンであれこれ作れるようになると、
パン教室では使いませんでしたが自宅で天然酵母を使って焼いたりもできるようになりました。天然酵母と一言で言っても、ホシノ天然酵母やあこ天然酵母などドライ状態になっているものを温度管理をして自分で元種となる酵母を作り育てるものもあれば、
キッチンに転がっているリンゴやみかん、柿、イチゴなど食べるために用意しいていた果物を水に漬けて果物に付着している酵母や我が家の空気中にいる酵母を使って自分で起こすこともあります。
そんな現象が私にはとても楽しくて『発酵って面白いな~♪』と興味をもちました。
思い起こせば、パン作りより前にカスピ海ヨーグルトを作り続けていたので、菌は身近なものの感覚はあったのかなと思います。
自分で起こす天然酵母は季節や果物の種類によってはうまくいかないこともあります。そんな時はカスピ海ヨーグルトを少し使って発酵を手伝ってもらったりもします。
ドライイーストを使うパンは、こねてから焼き上がりまで2時間半~3時間ほどですが、天然酵母を使ったパンはほぼ丸1日かかります。昼にこね始めたら焼き上がりは翌日のお昼といったようなことです。2回にわたって発酵をさせるのですが、特に1回目の発酵に10時間とかかけたりします。今のように寒い時期は発酵器を使ってもやはり時間がかかります。けれど、味わい深く小麦粉の味を感じることのできるおいしいパンができあがるんです。
イチゴ酵母を使って焼いたパンは、ほんのりイチゴの香りがします。
リンゴ酵母を使って焼いたパンはほんのりリンゴの香りがします。
レーズン酵母はとても元気がよく、癖のないパンが焼きあがります。


今日は「発酵」の話というよりパン作りのお話になってしまった・・・つまり・・・カスピ海ヨーグルト&パン作りが私の「発酵生活」の始まりだっていうお話でした。

みなとメディカル便り☆掲載の巻

みなさん、こんにちは。東望大久保医院のHPにようこそ!

長崎みなとメディカルセンター(旧長崎市民病院)が発行している患者さん向け広報誌【みなとメディカル便り第29号 2017.11】に当院の紹介が載っています。
広報の方がわざわざ当院まで出向いてくださって職員全員での集合写真を撮ってくださり、
しっかりみんなで笑顔!
考えてみたら全員で写真なんて撮ったことがないな~と。
思わず私たちが記念になりました。

40年近く当院で医療をしてきた理事長&副院長がデ~ンと写っていて、
これから当院を継承していくであろう院長が最後列で顔だけヒョコッと出している、その周りを女性スタッフが囲んでいる・・・そんな構図が私は気に入っています(笑)。
この冊子をどこかで手にされたらぜひチェックされてみてください。
当院受付前にも置いてあります。
ご希望の方はどうぞお持ち帰りくださいね☆

みなさん楽しい週末をお過ごしください。MOでした。

 

今日は「カスピ海ヨーグルトの日」

ようこそ、東望大久保医院のHPへ。

『今日は何の日かな~?』と調べてみたら、カスピ海ヨーグルトの日でした。
日本にカスピ海ヨーグルトをもたらした家森幸男京都大学名誉教授と、
カスピ海ヨーグルトを製品化したフジッコが制定。
2006(平成18)年のこの日、カスピ海ヨーグルトの純正種菌の頒布活動が100万人に達したそうです。

実はこのカスピ海ヨーグルト、私は15年前にどこかで手に入らないかと探し(その頃は簡易に手に入らなかったんです)、カスピ海ヨーグルトを使ったムースを販売し始めたという噂をきいたホテルニュー長崎のケーキブティックに電話をし、譲っていただけないかと聞いたことを思い出します。
快く「どうぞ!」とおっしゃっていただき、そそくさといただきにいきました。
それから我が家では10年は食べ続けました。腸内環境として同じ菌ばかりはよくないと聞き、
それからは同じヨーグルトでも違う菌のものを自分で発酵させています。
色々試しましたが、私が好きなのはやはり癖のない「カスピ海ヨーグルト」
「マコーニヨーグルト」です。
で、今月になってはまっているのが「蔵王山麓のヨーグルト」です。
なかなかしっかりした菌のようで、発酵器を使うとうまく作れます。

そう私・・・発酵器を2つ所有する発酵大好き人間でして・・・。
今度は私の発酵履歴でも書かせていただこうかな・・・。止まらないかも(笑)。

肺癌撲滅Day

おはようございます、東望大久保医院のHPへようこそ。
今日は寒いですね~。我が家のねこ3匹はこぞって暖かい場所を占拠しはじめました。

本日は「肺癌撲滅Day」だそうです。
2000(平成12)年9月に東京で開催された国際肺癌学会で制定されたもので、
アメリカで11月第3週が「たばこ警告週間」となっていることからだそうです。

院長も昔は喫煙者でした。右手に煙草を持つので、パソコンを左手の人差し指だけで打っていた記憶があります。
でも、ぜんそくがひどくなり、長男が幼稚園に通っているころ(伊万里市民病院勤務時代)にバッと止めました。
院長は自分で決めたことは絶対に成し遂げる強い意志を持つタイプなので、
ギブアップしたり泣き言を言ったりすることなく止めれたように記憶します。
それからもうすぐ20年が経過します。
そのあとに生まれた次男は父親が煙草を吸っていたとは知らずです。

逆に、私の実父はサラリーマン時代、ロングピースという最強のニコチンを有する煙草を1日に5~6箱(100~120本)吸っていたという超ヘビースモーカー。
子供のころは私の足に煙草があたってやけどしたり、絨毯が焦げたり、
畳が焦げたりしてました。
案の定、定年退職を前に脳の血管を詰まらせ脳梗塞で倒れました。
倒れたその時に自由にしゃべれない口でドクターに「最後に1本吸わせてくれ!」と言ったくらい煙草=人生みたいな父でした。

結婚したころは義父も義弟も煙草を吸っていましたが、今は2人とも吸っていませんし、
息子たちも吸いませんので私の周りに喫煙者はいなくなりました。
たばこ農家の方々もいらっしゃるので大々的にはいいずらいところですが、
医療関係者という立場からは「百害あって一利なし」とお伝えしたいとともに、肺がんだけではなく、病気につながる要因になる煙草・・・喫煙者が一人でも減っていくことを願います。

世界糖尿病Day

みなさん、こんにちは、東望大久保医院です。

一昨日11月14日は世界糖尿病デーでした。この前後1週間は全国糖尿病週間として全国各地で啓発活動が行われているようです。
本年度の標語というのが「糖尿病 手遅れ防止で 早めの受診」だそうです。
気づかないうちに進むといわれる糖尿病ですが、
「意識」と「知識」をもつ心がけがまずは大切なのかなと思ったりします。

過食と運動不足・・・耳の痛い話ですが、
先日院長が作ったチラシに1日の歩数表が載っていました。
4000歩程度では閉じこもり・うつ病への予防程度にしかならないそうです。
7000歩歩いても骨粗鬆症の予防にしかならないそうです・・・( ゚Д゚)!!。
気掛けて夜にウオーキングに出てやっと8000歩くらいになるかならないかの私。

みなさん、適度な運動されてますか?
私は運動とは程遠いですが、やっと重い重い腰をちょっぴりあげて毎晩30分ストレッチをスタートして本日4日目になります。しないでゴロゴロするよりはマシですかね。昨晩はハワイアンをかけてねこに邪魔されながらやってみました。
今晩も頑張りますよ~。MOでした。